アレルギーによる乾燥肌対策で効果があった方法

自分自身が大丈夫でも、家族にアレルギーがあり、発疹が出たり肌が荒れて乾燥肌でガサガサ…どうにかしてあげたい!と思いますよね。

大切な家族、みんなで健康に過ごしたいものです。

うちは夫が超アレルギー体質で、子どもの頃はトビヒも酷かったらしく、背中やお尻は30代半ばでも跡が残っています。

 

アレルギー過ぎる夫・・・

夫は何のアレルギーかというと、医師からも「アレルギー数値が異常に高く、細かく何のアレルギーがあるか言いきれない!」ほどのレベルです。

結婚時、私は夫の実家で生活していましたが、義母さんは特に何かを対策することもなく…

(30代なら自己管理しろ!と思っていたか、無頓着なのかは不明ですが…)

なので、疲れると全身に発疹が出る、肌は乾燥して身体はガサガサな夫の身体を改善するために、ちょうど二人で住む物件を探していたので、そこから始めました。

 

高価なものに頼るだけが対策ではない!

南向きの日当たりが良く、風が良く通る部屋に決めました。

そして、夫が使うボディソープや石鹸を全て無添加に替えました。

アレルギー数値が高すぎて、食材もどれがダメということが分からないなら、「内からは無理かもしれないけど、外から守ることは出来る!」と思って、出来る事は全て実践しました。

洗濯も義母さんは洗剤や柔軟剤を多めに入れるタイプでしたが、私は出来る限り少なめで。

(無添加の洗剤、使いたいけど毎日使うから私達には高すぎて…)

 

そして、あとは日光パワーです。

日当たりが良いので、柔軟剤を使わなくても生乾きくさくならないので、夫の服を洗うときは天気が良い日です。

そして晴れの日は毎日枕を干します。

枕カバーも毎日交換します。

 

 

ここまでで、夫のアレルギーはかなり改善

やはり添加物にもアレルギーがありましたね。

「日当たりって大切なんだね。タオルも引っ越しをしてから良い匂いになったね。」と言ってくれました。

完全に治すことは不可能でも、自然の力を借りて少しでも改善することは出来るのです。

もちろん効果は個人差がありますが、日当たりが良いことによってカビなどのハウスダストも軽減出来たのも良かったと思います。

 

現在夫は、疲れても発疹が出ることはなくなりました。

無添加石鹸は、市販のボディソープのように保湿成分なんかは入ってないので、乾燥はします。

乾燥は、夫本人や私が気づいた時に、皮膚科で処方されるヒルドイドを塗っています。

(名前が似ているからかステロイドと勘違いされる方もいらっしゃいますが、全然違いますよ~)

 

ヒルドイドも、お子さんの乾燥肌で処方されるクリームなので、夫にも安心して使っています。

「内からは無理でも外から守ってやる!」と、意地でも南向きの部屋を借りて良かったです。

(大阪府 ペットボトル体形さん)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ