タラタラと手汗をかく原因と改善する方法

手汗をかきやすい人は、手汗をかくことが恥ずかしいため、手をつなげなかったり、握手するのが恥ずかしかったりします。

私も手汗をかきやすいほうで、思春期の頃からの悩みです。

好きな人と手を繋ぎたいけれど、手汗が気になるから、繋ぎたくない、という複雑な思いをもっていました。

さらに、テスト中に手汗で答案用紙がくっつくという恥ずかしい自体にも陥ってました。

 

手汗をかきやすい人は自律神経のバランスが乱れている

交感神経が優位になるため手汗をかきやすい状態になります。

副交感神経が優位になるときには、あまり手汗をかきません。

考えてみてください。

自分がリラックスしているときにはあまり手足はかいていないと思います。

逆にドキドキしているときに手汗をかきやすい状態になっていると思います。

手汗をかくのを抑える方法をお話しします。

 

1、自律神経を整える

根本的な原因は、自律神経の乱れなので、自律神経を整えることが大切です。

緊張しやすい状態にありませんか。

手汗をかくこと自体を気にするがゆえに、さらに緊張してしまうため、気にしないことも大切です。
自分でリラックス状態を作れるようになることもお薦めします。

緊張しているときに、体の力を抜けるように、深呼吸や、体の力を抜くような意識がけをすることです。

寝る前に、体の力を抜く練習をすることで、緊張しているときにもできるようになったりします。

私はこれを実践しています。

 

2、医師や薬剤師に相談する

神経遮断薬などの薬を処方してもらったり、漢方薬を薦めてもらうこともあります。

また、手術などもあります。

手術はすぐに効果がでる方法ですが、負担も大きくなります。

 

3、ツボ押しをする

合谷、曲池、身中、復溜などのツボを押すことで自律神経を整える効果があります。

鍼灸院などで正しいツボを教えてもらったり、実際に押してもらうといいと思います。

 

4、手汗を抑えるパウダー、ジェルを使う

手汗を抑える専用のパウダー、ジェルがあるためそれを使用してみることも効果があると思います。

根本的な治療ではないですが、今日はかきたくないという大事なときに使うと効果的です。

 

いっそ笑いのタネに

手汗をかくのは恥ずかしいですよね。

手汗をかきやすい人は、緊張しやすい人で、緊張しやすいから余計に手汗をかいてという悪循環に陥ってしまうこともあります。

私は、自分が手汗をかきやすいことを先にカミングアウトして、笑いをとることで、逆に手汗があまり気にならなくなりました。

自分に合った改善法を見つけて、悩みがなくなることを願います。

(神奈川県 ひまわりさん)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ