乾燥肌や肌荒れ、小じわ、ほうれい線に効果的なワセリン

乾燥肌で、潤いを与えないと小皺が深くなるので、水分量を増やすスキンケアでシワを目立たないように気を遣ってます。

化粧水をスプレー式にして手でつけないようにして、コットンを顔に張り付けて浸透させるように工夫しています。

深くて目立つシワではないので深いシワは、これだけではカバー出来ないかも知れません。

メイクでシワを隠すならシワの内部までファンデーションはつけたほうがいいです。

 

気になるほうれい線対策

気になる法令線は、なかなか消す事は難しいですが、諦めずに芸能人の人もやっていると言っている舌を法令線がある内側を上下に動かしたり、口をプクッと膨らませてみたり、鼻の下を伸ばしてみたり、法令線が伸びる方法を工夫しながら常に意識して行えば、少しずつでも線が薄くなっていくでしょう。

女性ホルモンが減れば肌が弛んだりもします。

引締める為に弛んだ部位は、引締め効果がある顔の運動が効果的ですね。

顔は、スキンケアの時や洗顔の時に擦るとシワになると耳にします。

確かに私も洗顔では、円を描くように強めに擦っていました。

軽く洗う方がいいと知ってからは、気をつけています。

 

お湯洗いやワセリンも効果的

お湯洗いする時も優しく、顔を包むように手のひら全体を使って洗っています。

年齢の割にシワも小皺はありますが、深くはないので効果が出ていると思います。

肌はデリケートなので丁寧に扱わないといけません。

少しでもかさついたら水分を与える事と、肌が炎症している時は、ワセリンを塗ってメイクは、しないほうがいいですが、どうしてもメイクしないと外出出来ない人は、スキンケアも量を半分に減らしてメイクは薄めにした方が肌には良いと思います。

ワセリンは肌を保護、保湿してくれるので、ワセリンを塗って下地クリームを使わずにメイクした方がいいです。

化粧落ちも防げますし、洗えばメイクも落ちやすく、炎症から肌を護ってくれますから、肌荒れしている日の肌のサポートをしてくれます。

アトピーにも効果があると言われていて顔以外の肌荒れの時に欠かせません。

(東京都 えみさん)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ